トップ > 展示場ブログ > ワーゲンバス×ワンダーデバイスの暮らし

展示場案内

Tel:0562-33-7770
〒477-0031
愛知県東海市大田町与五八34
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日: 年中無休
※年末年始・夏季休暇除く

地図はこちら

モバイル版はこちら>>

BESS総合サイト

秋冬フェア 梺ぐらし

7つの体感

展示場voice

BESSオーナー暮らしブログ集BOB

資料請求

スタッフ募集

ワーゲンバス×ワンダーデバイスの暮らし

先日オーナーインタビューにアップしました、常滑市でワンダーデバイスにお住まいのM様。

『もっと見てみたい!気になるBESSの暮らし』
ということで、こちらにも追加でアップします。


55-10.11DSC_2760.jpg

オレンジのワーゲンバスとワンダーデバイス。
周りの人からも、すごく似合っているね!と言われるそうです。

常滑の海辺の近くにお住まいですが、この土地に決めた理由は?

「価格に折り合いがついたのが一番かな。
建築中の足場を組んでいるときに、セントレアや花火がきれいに見えて感動しましたよ。」と旦那様。
BESSの家を気に入ってくださった後、自分たちが建てられる場所をシンプルに探されたようです。

近くには神社があって、よくお参りにも行くそうです。



kora-ju3.jpg

「実はBESSの家を建てよう!と決めた時に、こんな感じになるといいなと思って絵を描いたんですよ。
ワンダーデバイスがあって、ワーゲンバスがあって、ヤシの木があるような感じ。
まだ土地も決まってない状態だったんですが、ほとんど同じ感じになっていました。」

右端の画像の絵を見せてもらったとき、ほぼ一致していてびっくり!

そして室内で過ごす普段の様子は...


2-10.11DSC_2781.jpg


ご飯を食べたり、のんびり過ごすのは土間リビング。
フローリングには子どもたちがめいいっぱい遊べるよう、家具は置いていないそうです。

『この部屋はこう使うのが普通』などの概念をとっぱらって、自分たちが一番楽しく、快適に
過ごせるようになっています。


kora-ju4.jpg

2階はロフトと1部屋。
「将来部屋を区切ったときに、もう一つ扉をつけなくていいように、扉は引き戸にして、どちらからも入れるようにしました。」

ロフトはパターゴルフ場になっています。画像はオーナーインタビューをご覧ください!





元気いっぱいのお子さんからも元気をもらいました!

「こどもごころを忘れず、遊びごころを忘れず」毎日を楽しく過ごすM様でした。

by tommy


PAGE TOP