カントリーログハウス 8か月後のオーナーさんの暮らし

知多市でカントリーログハウスにお住まいのHさま。

お引渡しをして8か月、「何度見ても参考になるところがあるから。」と
展示場に遊びに来てくださった際、「あるものを庭に作ったのでぜひ見に来てください!」とうれしいお誘いを受け、
先日お伺いし、"あるもの"をオーナーだよりにアップしました。

BESSの家を考えている方は、作りたいな~と思っている方も多いのでは?
参考になると思います!

さて、他にも写真を撮らせていただけたので、こちらにご紹介します。




南愛知展示場と同じモデル、カントリーログハウス、クミン(30.3坪)です。
庭に紅葉の木を植えました。




室内に入ると…、窓から自然な光が射し込み、とってもいい雰囲気。





階段の踊り場には、海外で購入した小さな壁時計、タペストリーが飾られています。
どちらも違う国ですが、ログハウスにしっくり合っています。




また、一階の壁に何やらアメリカンなフォトフレーム。
中を開けると、インターホンの親機が隠れていました。

オーナーインタビューで、客観的に自分たちの室内の写真を見たときに、
インターホンの無機質な感じがどうしても浮いている気がする…と感じ、
なんと、100円でフォトフレームを買い、塗料を塗り、金具を設置して手作りで作ってしまった
そうです。ナイスアイデア!



オーナーインタビュー時に撮らせていただいた写真がさりげなく
飾られていました。ありがとうございます。

また暮らしの変化などお知らせをお待ちしていています!

by tommy

H様のご自宅が紹介されているオーナーインタビューはこちら
PAGE TOP