2013.09.18 カテゴリー : オーナーインタビュー

愛知県知多市・S様邸

商品シリーズ : ファインカットログハウス 
延床面積 : 36.10坪(119.37㎡)
用途 : 自宅
竣工 :2012年12月

ファインカットログハウス×フレンチカントリーなインテリア

知多市ののどかな田園風景が見渡せる住宅街でファインカットログハウスにお住まいのS様。

『ようやくインテリア等も落ち着いてきました』とご連絡を受け、インタビューへ伺いました。

玄関に近づいていくと、緑あふれる空間が見えてきます。




111-9.16P1010256.jpg

.


土地探しから始めたS様。この土地に決めた理由は「直感!ピンときた。」そうです。

またBESSの家に決めた理由は、『普通の家は嫌、違った家にしたい。』

BESSの家を見てしまうと、他の家が同じにみえてしまったそう。


そして、ウッドデッキからのエントランスは、まるでフランスのカフェのよう!

お家には猫のプチ君がいるので、ネコカフェと間違われるそうです。



コラージュ9.16.jpg



ウッドデッキには緑がいっぱい、奥様は「住んでからガーデニングが楽しい!」とのこと。

そして旦那様のDIY作・取っ手付きの白いアンティーク調の棚も置かれていました。

『取っ手付きは少し難しかったな、でもやればできるもんだね。』と旦那様。

センスがよく、色合いも素敵でした。



33-9.16P1010280.jpg



『以前はアメリカンカントリーが好きでしたが、今はフレンチカントリーです!』

と奥様。木の色合いにメリハリが効いたアイアンの照明、カーテンレールや

アンティークのイスなどこだわりのインテリアの数々。

選ぶのは奥様、買い出し&取付けは旦那様!という役割分担だそうです。

ときにはぴったりな家具を買うために、福井、大阪へ飛んでいくことも!



4-9.16P1010316.jpg



二階ロフトもフランスのカーテンを取り付け。シャンデリアもしっくりきています。

もう少しこうしておけばよかったという点は?との質問には

『コンセントの位置をもう少し考えればよかったかな、図面だと分かりづらかったので。

あと窓がもう少しあったらよかったかな。』とのこと。



4-9.16P1010293.jpg




『冬はストーブ一つで室内全体が本当に暖かかったです。』
『壁もすべて木なのがいい、木のぬくもりを感じて、ほっとします。』

木のぬくもりに囲まれて、かわいいプチ君(男の子ですが)と穏やかに暮らすS様ご家族。
インタビューの日には、ご友人が気軽に訪ねてきたりと、おおらかな雰囲気が広がっていました。
年月と共に味がでてくる無垢材や家具たち。
こらからますます素敵なS様のファインカットログハウスになりそうです。

クリスマスシーズンも楽しみになってしまうS様邸でした。

取材:tommy

PAGE TOP